デジタルサイネージ/
Webベースサイネージ

利用想定

システム連携を生かした具体的な利用想定の一部をご紹介いたします。
お問い合わせいただけましたら、お客様のシチュエーションに合った使い方をご提案させていただきます。

利用想定例1)
「医療機関」

病気を治療するだけでなく、予防したい、いつまでも健康でいたいという患者さんからのニーズに答えた情報提供。

・身近な感染情報などをいつも配信し啓蒙活動に役立たせる

・待ち時間で生まれる不満を軽減させるための役割として、娯楽性のある映像を交えた情報を提供

・複雑でわかりにくい病院内の移動をスムーズにするため院内案内図を表示させる

・患者さんの健康を促進するヒントなどを表示し、その状況に適した広告を配信するなど

・患者さん向けの公開講座などのイベント情報を提供

・緊急情報の配信

利用想定例2)
「ショッピング」

お客様の意思決定に影響を与えるダイレクトな情報提供。
効果の高い最前線の告知、宣伝、販促活動。

・朝、昼、夜などさまざまな時間帯で、メニュー内容を自動的に変更することが可能

・新商品のプロモーション

・人目を惹き、かつ食欲がわくような動画をメニューに使用することで、製品購買意欲を高める

・デジタルメニューボードに人気商品を表示し、迷わせない

・カロリーやアレルギー食品の使用有無など栄養情報の表示

・従来かかっていた印刷コストの削減

利用想定例3)
「複合施設」

店舗間での相互効果を生む情報発信。
広域だからこその問題解決で空間内の満足度アップ。

・おすすめの新商品の入荷状況

・モデルを使った流行のコーディネートの紹介

・期間限定のお買い得なセール情報等の宣伝

・迷子になったお子様を視覚情報で配信してお知らせ

・催し物の宣伝、イベントのPR映像や参加ゲストのコメント映像などを流して宣伝

・会員登録やポイントカードのお申し込みで、プレゼントが当たる等キャンペーンの宣伝

・施設案内、交通機関の情報を提供

・地下駐車場で階ごとの駐車状況をお知らせ

利用想定例4)
「イベント会場」

多くのお客様がいるからこその情報提供と生まれる問題に対する解決策の提示でストレス軽減。

・開催中のイベント情報、時間の告知

・関連イベント情報の提供

・会場内での導線整理(狙った集客、混雑解消)

・交通機関、天候の情報を提供

・グッズの販売状況、売店の混み具合のアナウンス

・内外周辺トイレ情報の提供

・イベント会場映像の配信

利用想定例5)
「飲食店」

「食べたい」を作り出す情報作り。
求められる情報の先出しと、空間作り、満足度につながる情報提供。

・出来立ての食事や冷えたビール等、食欲をそそりそうな映像を流すことで、「隣のテーブルで食べている料理を食べたい」というニーズを引き出す

・現在呼び出しボタンが押されているテーブル番号の表示することで、お客様の意思表示を明確にしストレスを軽減するとともに業務効率の改善

・電車、バスの運行情報を配信し、回転率の向上、サービス力アップ

・飲酒運転禁止の徹底

・複数言語表示でインバウンド対応

・アレルギー食品の使用有無など栄養情報の表示

・レジ前でオリジナル商品の販売宣伝

利用想定例6)
「競艇場・競輪場・競馬場」

お客様の満足度につながる情報提供をするとともに、レース、会場のイメージアップにつながる表示。

・本日のレース情報、レース結果、レースに参加する選手の情報などの配信

・区間を行き来するバスの運行情報の配信

・会場限定のランチメニューや、雑誌、パンフレットの最新号の入荷宣伝

・次回イベント情報の配信

・場外売り場と場内の情報の相互表示

・複数言語表示でインバウンド対応

・広告配信

利用想定例7)
「神社・仏閣」

地域、季節に密着した情報を提供することで身近な参拝者にも、初めて来た方にもよりよい印象作り。

・敷地内の案内表示

・年間の行事予定表示と付随した写真の配信

・参拝目的ごとに想定される情報提供

・周辺の見どころを案内

・地域情報を表示することで地域に根ざした場作り

・作法の紹介で不慣れな人にも安心感を与える情報提供

・複数言語表示で外国人観光客にも配慮

利用想定例8)
「金融機関」

待ち時間のストレスを知識を得られる場へと変換することで、相談機会の創出を促し、サービス力アップ。

・映像を流し、イメージを定着させる

・金利情報を表示しながら、関連する知識ニュースの配信

・気持よく待っていたい方向けに、ヒーリング効果のある映像、音楽配信

・提供する商品の紹介を文字だけでなく図などを用い、わかりやすく解説することで、相談機会を創出する

・災害情報の提供

・手続きがスムーズにいくポイント解説

・ニュース、地域情報の配信

利用想定例9)
「行政機関」

来訪者の欲しい情報、伝えたい情報、伝わりにくい情報など、多角的な情報を適切に伝える工夫。

・該当する来訪目的に合わせ向かうべき先の案内

・限られた場でしか掲示されない情報の拡散

・地域情報を流し、地域貢献

・待ち時間に合わせた、知っていると得をする情報を流すことでストレス軽減

・マナー、モラルに関する情報提供

・災害情報の配信、避難情報の提示

利用想定例10)
「カーディーラー」

来店の動機付けと販促に繋がるイメージ映像の配信。
時間外にも流せるので広告塔としての役割も。

・来店につながるイメージに合った配信をするとともに、ブランディング効果を高める

・キャンペーン告知

・サービス内容に関する情報を提供

・大きい窓を生かした時間外営業の配信で、興味を持ってもらうための動機付け

・車に関するニュース、情報配信で、営業店自体の存在感をより徹底して根付かせる

利用想定例11)
「観光物産」

購入、旅行につながるここでしか得られない情報配信と、地域の生の情報を提供することで交流の基地に。

・商品のセールスポイント、使い方、中身の説明を視覚的に紹介

・店内イベント情報の告知

・関連する生の地域情報を即座に配信

・複数言語表示でインバウンド対応

・旅行の手助けになる情報の提供

・広告配信で導線の確保

利用想定例12)
「展示会」

よりわかりやすい展示案内と、展示にも利用することで、表現の最先端へと誘導。常に新しい情報がある場へ。

・展示情報の表示

・次回イベント情報の告知

・掲示物の印刷コストの削減

・静止画、映像と連携しえる新しい表現の土台作り

・作品展示利用

・ワークショップ利用

利用想定例13)
「教育機関」

情報の集まる場所である特性を生かし、ニーズに応えながら、新しい価値観を付加し、サービス力向上。

・関連する教育機関の紹介(広告)で新しい教育機会の創出

・行事、イベントなどの周知徹底

・理科、社会等の図で説明する教育材料の補助に

・衛生情報、食育に関する情報提供でサービスに付加価値を

・進学先との情報連携

・重要情報の後押し

・芸術分野等の情操教育用に図解、動画等の利用

・災害情報の配信

利用想定例14)
「不動産会社」

見せたい情報、最新情報を届けるとともに、広告、募集告知に利用。 紙には出来なかったアピール力をプラス。

・物件情報の公開

・募集案件の告知、周知

・関連企業の広告配信

・イチオシ物件を映像で紹介

・営業時間外に店外に向けて情報公開

・法律、ワンポイントアドバイスの配信

・データベース連動で自動番組生成

・災害情報の配信